【信濃湧水】最安級の天然水が飲めるウォーターサーバー<株式会社WaterServer>

【株式会社WaterServer】
「信濃湧水」は、天然水の中でも業界トップレベルのお求めやすさのウォーターサーバー申込みサイトです。
爺ヶ岳の山頂に降り注いだ雪は、山々が織りなす天然の濾過フィルターを通って1,220m地点の水源へとたどり着き、清冽な水をもたらしています。
「信濃湧水」は、この自然の恵みをそのままに、“まっすぐ”な天然水でお届けしています。
お水にはカルシウムとマグネシウムの含有濃度を表す数値「硬度」があります。
硬度は低いほど口当たりがなめらかで飲みやすいと言われていますが、「信濃湧水」は国内水道水の平均硬度50よりもはるかに低い、硬度16 の超軟水です。
これは水源の標高が高いからこそ実現できる数字です。
クセがなく、澄み切った清白なお水は、お料理の美味しさを際立てます。
また、赤ちゃんのミルクにも安心してお使いいただけます。
矢沢水源で採水された水は、爺ヶ岳の麓にある製造工場までパイプラインで引かれています。
工場周辺には密集した民家や工場がなく、生活排水や工場排水など土壌を汚す要因がなにもありません。
この「なにもない」環境が、上質の天然水には何よりも重要なのです。
わさびの生育には、極めて清涼な水が必要と言われていますが、有名な安曇野のわさび畑も大町工場の下流に位置しています。
ボトルは製造開始から密閉されるまで、一切人の手が触れることのないオールロボット工程で行われています。
さらに、お水は無菌状態が施された半導体産業レベルのクリーンルームで充填しています。
製造されたボトルは、厳しい検査をすべてパスしないかぎり、同時期に製造された商品の出荷を一切認めないという、徹底した品質管理のもとで生産されています。
大町工場は、食品安全の国際規格であるISO22000を取得しています。
これは食品の生産・流通・販売において、あらゆるリスク管理が求められる非常に厳しい品質規格です。
さらに徹底した安全性を求め、ISO22000のプログラムを具体化・強化した世界的な食品安全認証規格、FSSC22000も取得しています。
これら両方の品質規格を取得しているのは、日本のウォーターサーバー業界では初となります。
ボトルも工場で一貫生産しています。
使い切りのワンウェイボトルだから、いつでも清潔です。
交換がしやすく残水も少ない形状で、空ボトルの保管も必要ありません。

お支払い方法は、クレジットカード、口座振替、口座振込から選べます。
送料は、本州は無料で、北海道・四国・九州は504円/箱となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓