余ったパケットを翌月に繰越し一覧

余ったパケットは翌月に繰り越せる

BIGLOBEモバイルでは、余ったパケットは翌月に繰り越すことができます。

使いきれなくて余ったデータ通信容量は翌月に繰り越すことができます。
繰り越し最大値は、利用プランの月間通信容量と同量です。
3GBプランなら最大3GB、12GBプランなら最大12GBまで翌月に繰越しできます。

(例) 3GBプランで、当月の使用量が1GBの場合、残りの2GBが翌月へ繰り越されるので、翌月は3GB(当月分)+2GB(繰越し分)=5GB利用できます。
その翌月に5GBからまた、当月1GBしか使用しなかった場合、プラン契約量と同じ3GB(最大値)が翌月へ繰り越され、翌月は6GB(当月分3GB+繰越し分3GB)利用できるようになります。

【プランを変更した場合の繰越し通信量は?】
プランを変更する前の使い切れなかった通信量は、変更後のプランにそのままデータ通信量を繰越しできます。
※ 通信料の多いプランから、通信料の少ないプランに変更した場合でも、月間の通信量までは持越しできます。

(例) 6GBプランで契約中の繰越し分4GBを、3GBプランへ変更し繰越す場合は、7GB(変更後当月分3GB+前プラン繰越し分4GB)になります。

〇 ボリュームチャージ容量も、残った容量は、翌月に繰り越されます。

繰り越したデータ通信量は、
1. 前月繰り越したデータ通信量分
2.プラン毎のデータ通信量
3.ボリュームチャージした通信量
の順番に消費されていきます。

無料のBIGLOBEモバイル アプリ「オートコネクト」でデータ利用量をグラフで確認できます。