BIGLOBEモバイルのデメリット

BIGLOBEモバイルを利用する上で、やはりデメリットもあります。

1.「無料通話が付かない」

2.「キャリアメールが使えない」

3.「おサイフケータイの一部が使えない」

4.「LINEのID検索が使えない」

5.初期費用がかかる

6.1年以内の解約には手数料がかかる

7.他社へMNPする場合は転出手数料がかかる

どうすればいいのでしょうか?

1.3大キャリアの場合、家族間無料や通話定額がプランを込むケースがほとんどですが、格安SIMは通話定額等はプランに付かないのが基本で、通話料は高く設定されています。

格安SIM唯一のデメリットですが、回避策・代替策があります。

BIGLOBEモバイルなら、無料アプリの「BIGLOBEでんわ」があります。

「BIGLIBEでんわ」を使った場合、最大で通話料金が半額になります。

月額650円で「BIGLOBEでんわ」を利用した「1,200円分の国内通話」か「3分以内の国内通話が何度でもかけ放題」かを選べるオプションサービスもあります。

LINEの無料通話を利用する人も増えているので、アプリや通話オプションの利用で3大キャリアよりもだいぶお得になります。

2. 3大キャリアで提供されいるキャリアメールは使えませんが、SMSやGmail等を使えば問題ありません。

BIGLOBEモバイルで契約すると、BIGLOBEメールを無料で利用できます。

3.ドコモiDなどは使えませんが、「おサイフケータイ」機能は使えます。

4.LINEアプリで、自分のIDを他のユーザーにLINE上で検索してもらうことができませんが、IDをQRコードにして送ることはできますので利用には問題ありません。

5.プラン申込手数料として3,000円+SIMカード準備料394円がかかります。

6.音声通話サービスは最低利用期間の利用を前提として提供するサービスの為、契約期間1年以内の解約の場合は8,000円の契約解除料がかかりますので気を付けましょう。

7.他社へ転出する場合は契約期間によって、契約開始月3カ月目までの場合:6,000円、契約開始4カ月目以降:3,000円のMNP転出手数料がかかります。(金額はすべて税別)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

↓